519

Monday, October 19

朝の音楽、Dirty Projectors「Earth Crisis」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、ミルクブレッドとクリームチーズ、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、お弁当。晩ごはん、白米、しめじと絹ごし豆腐の味噌汁、豚肉とキムチの炒めものとかいわれ、麦酒。

曇りのち雨。寒い。読書。プルースト『失われた時を求めて 5 ゲルマントのほう I』(吉川一義/訳、岩波文庫)を読みはじめる。映画。『私を野球につれてって』(バスビー・バークレー/監督、1949年)を見る。

鬼海弘雄の訃報を知り、『PERSONA』(草思社)を見返したいところだが写真集を所有していないので、かわりに『in-between 鬼海弘雄 ポルトガル、マルタ』(EU・ジャパンフェスト日本委員会)を本棚から抜きとる。

Tuesday, October 20

朝の音楽、Ella Fitzgerald「Ella: The Lost Berlin Tapes」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、ミルクブレッドとクリームチーズ、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、お弁当。晩ごはん、崎陽軒のシウマイ弁当、麦酒。

駅構内で入手したフリーペーパーを二冊。『SALUS』(東急)と『メトロミニッツ』(スターツ出版)。

Wednesday, October 21

朝の音楽、Alice Phoebe Lou「Live at Funkhaus」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、ミルクブレッドとクリームチーズ、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、お弁当。晩ごはん、白米、しらす、しめじと絹ごし豆腐と小松菜の味噌汁、焼き魚(ほっけ)、かいわれ、麦酒。

読書。プルースト『失われた時を求めて 5 ゲルマントのほう I』(吉川一義/訳、岩波文庫)を読み終える。映画。『七つの顔』(松田定次/監督、1946年)を見る。多羅尾伴内というのがどういうものなのかをようやく理解した。

Thursday, October 22

朝の音楽、Future Islands「As Long As You Are」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、あんバタートースト、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、ポークビンダルー、紫玉葱のピクルス。晩ごはん、白米、舞茸とかぶの葉と絹ごし豆腐の味噌汁、いなだの刺身、麦酒。

参照元が都心の駅構内で入手できるフリーペーパーだけなのは心許ないが、『メトロポリターナ』9月号(産経新聞社)で軍地彩弓が炊飯器をやめてストウブでご飯を炊くようにして台所がスッキリしたと書き、『SALUS』11月号(東急)では家事を手放す工夫として土鍋でご飯を炊いたほうが炊飯器より早くて手軽なことが紹介されている。しかし炊飯器ってそんなに邪魔だろうか。ストウブや土鍋でお米を炊く魅力は理解できるものの、同時進行で複数の料理をつくるにあたってコンロを一口占有されてしまうデメリットを考えてしまうと、炊飯器を手放せずにいる。

Amazonで亀井良真『daily PASTA book 鎌倉 オステリア コマチーナのパスタとつまみ81皿』(KADOKAWA)を買う。

Friday, October 23

朝の音楽、Matt Berninger「Serpentine Prison」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、あんバタートースト、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、鶏肉と小葱の温かいうどん。晩ごはん、トマトとベーコンとバジルソースのパスタ、赤ワイン。

読書。ジャック・ラカン『精神分析の四基本概念』(ジャック=アラン・ミレール/編、小出浩之、新宮一成、鈴木國文、小川豊昭/訳、岩波文庫)の上巻を読む。『MONOCLE』11月号が届く。映画。『十三の眼』(松田定次/監督、1947年)を見る。

Saturday, October 24

朝の音楽、Dua Lipa「Future Nostalgia」を聴く。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、ミルクブレッドとクリームチーズ、ヨーグルト、珈琲。昼ごはん、白米、かぶと小松菜の味噌汁、辛子明太子、豚肉の生姜焼き、からおけ、煎茶。晩ごはん、蛸とトマトのパスタ、ホワイトセロリとほうれん草のサラダ、バゲット、赤ワイン。

秋晴れ。銀座の無印良品とUNIQLO TOKYOで買いものを済ませてから中目黒へ。もう一台自転車を購入することにしたので、tokyobikeを訪れる。在庫状況が改善されたらしく、一月前に注文した自転車が来週ようやく入荷することになるのだが、本日注文した自転車も来週には入手可能とのこと。やや理不尽。中目黒から代官山まで歩いて、代官山蔦屋を少し覗く。プリンチでバゲットを買って帰る。

Sunday, October 25

きのうの晩ごはんでニンニクを効かせすぎたのに加えて赤ワインの飲みすぎで、胃がもたれる。

朝ごはん、目玉焼き、ベーコン、サラダほうれん草とイタリアンドレッシング、トマト、バゲットとクリームチーズ、ヨーグルト、珈琲。

秋晴れ。恵比寿へ。東京都写真美術館に向かう。入館時に係員によるおでこ検温。去年の東京都写真美術館では、東京オリンピックにむけて手荷物検査が試行されていたが、まさか手荷物検査ではなく人間の体温をチェックする現実が来るとは誰も予想できない事態である。生身の人間そのものが危険物と化している。「生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市」「TOPコレクション 琉球弧の写真」「写真新世紀2020」を鑑賞。

山手線で恵比寿駅から原宿駅に移動し、WITH HARAJUKUのAUX BACCHANALESに赴く。明治神宮の森が望めるテラス席にて、オムレツ、フライドポテト、ペリエの昼ごはん。ここのAUX BACCHANALESには黒板メニューがなかったのだが、夜に来ればメニューが違ったりするのだろうか。そうれはそうと、紀尾井町と銀座と高輪のAUX BACCHANALESではテイクアウトをやっているらしいのだが、原宿店こそやってほしい。本日みたいな陽気のいい日にここで食料品を調達して代々木公園でピクニックがてら食べるのはなかなかいいと思うのだが。

ふたたび山手線に乗車。原宿駅から渋谷駅に移動。渋谷スクランブルスクエアのmarimekko、渋谷ヒカリエのCLASKA Gallery & Shop “DO”で買いもの。

TOKYO FM「村上RADIO」を聴きながらの晩ごはん、鶏そぼろ肉と小葱をのせた温かいうどん、麦酒。